命救急センター

修後アンケート調査報告(2015年度 実施分)

当センターでは、今後の研修をよりよいものにするために研修を受けられた方に、研修後のアンケートを実施してます。
一部ですが、その内容をご報告致します。
ここではアンケートの全てを紹介できません。以下、一部を抜粋して紹介致します。

当院の研修でよかった、ためになった事は何ですか?

●様々な症例、またドクターカーでの出動など、色々な経験ができ、
自分の引き出しが増えたこと。
(救急救命士 20代男性)

●救急医療の実際を経験できたことは非常によかったです。
症例・処置を経験することで、将来自分が救急現場で活躍するための知識にもなりました。
(専門学生 10代男性)

●救急隊からの引き継ぎ、処置までの流れを知ることができてよかった。
(専門学生 20代男性)

●外来で医師と静脈確保を行い、なかなか経験できない研修を行うことができました。
(大分市消防局 30代男性)

●各種の講義を行っていただいて、知識を深めることができました。
特に臨床検査での血液検査や、臨床工学での透析のシステムを知ることができた。
(豊後大野市消防本部 30代男性)

「このようにして欲しかった」など要望はありますか?

●救急隊からの引き継ぎ、処置までの流れを知ることができてよかった。
(専門学生 20代男性)

●時間帯で症例の種類・多さも変わっていたので、当直などを増やしてもらうとありがたいです。
(専門学生 10代男性)

●当直をもう1日増やしてほしかった。
(専門学生 20代男性)

●今後も、あまり救急現場で体験できない患者の清拭などを継続させていただけたら嬉しいです。
すごく良い経験になりました。
(大分市消防局 30代男性)

●今後も各種講義を続けて行ってほしい。
講義内容で脳神経外科、循環器や心電図などを行ってほしい。
(豊後大野市消防本部 30代男性)

今後の研修生にあなたからのメッセージがあれば、お書きください。

●積極的に頑張ってください。
(救急救命士 20代男性)

●積極的に経験すること。
様々な症例・処置を経験することは必ず自分のためになります。
分からないことがあれば、先生・看護師に質問することも大切です。
優しく答えてくれます。
(専門学生 10代男性)

●いろいろ学んでこれからに活かしてほしい。
(専門学生 20代男性)

●積極的に医師や看護師に質問するなどしたら良いと思います。
今後の救急活動にも為になると思います。
(大分市消防局 30代男性)

●アルメイダ病院では、救急外来での患者の観察や処置(静脈確保や血糖測定など)を行えるので、今後の救急活動に役立てることができます。
(豊後大野市消防本部 30代男性)

その他

●短い間でしたがありがとうございました。
この病院実習は今後の自分の活動において非常に大きい経験になります。
必ず、大分に就職し、大分の救急医療に携わりたいと思います。
(専門学生 10代男性)

●今回、お忙しい中、様々な経験や見学をさせていただいてありがとうございます。
今後も救命士を目指して、後輩たちが研修でお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。
救急現場で今後、お会いすると思いますので、その際にはご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。
(大分市消防局 30代男性)

●救急隊として、救命士としての役立つ講義をたくさん受けたいと思いました。
(豊後大野市消防本部 30代男性)

大分市大宇宮崎1509-2tel:097-569-3121 fax:097-568-0743

メールフォームはこちら

電車

JR敷戸駅より 徒歩15分 JR大分駅より タクシー 20分

バス

宮崎バス停より 徒歩 3分

自動車

高速道路より→光吉ICをおりて車で10分
大分中心街から→JR大分駅より10号線を走り、車で20分

アルメイダ病院

大分市大宇宮崎1509-2