血部

血部について

輸血部は、輸血に関する検査、血液製剤の管理を担当し、輸血が必要な患者さんに血液製剤を速やかに供給できるよう、安全で適正な輸血医療に取り組んでいます。

輸血の目的は、血液中の赤血球や血小板、凝固因子などの蛋白質成分が量的に減少したり、機能が低下した時にその成分を補うことにより、臨床症状の改善を図ることです。
輸血実施時には、血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験が必要になるため、臨床検査技師が24時間体制でこれらの検査を行っています。
また、3次救急病院として、緊急輸血時には迅速で的確な対応ができるよう取り組んでいます。
その他、自己血輸血の管理やクリオプレシピテートの作製管理も行っています。

療スタッフ

輸血部長
長松 顕太郎(ながまつ けんたろう)
主な資格 日本血液学会血液内科専門医
日本内科学会総合内科専門医
臨床研修指導医
役職 名前 主な資格 専門分野 趣味
臨床検査部 関 恵美 日本輸血・細胞学会認定輸血検査技師    
臨床検査部 結城 孝子 日本輸血・細胞学会認定輸血検査技師    

療実績

令和元年度のアルメイダ病院における輸血実績は

① 赤血球製剤  4574単位
② 血小板製剤  5870単位
③ 新鮮凍結血漿  1056単位
④ 25%アルブミン製剤  1152
5%アルブミン製剤  197
となっています。

2ヶ月に1回、輸血療法委員会を開催し、輸血の管理体制を構築しています。
当院は、輸血管理料Ⅰを取得しており、日本輸血・細胞治療学会の輸血機能評価認定施設(I&A)です。

大分市大宇宮崎1509-2tel:097-569-3121(代) fax:097-568-0743

医療関係者の方はこちらへ

メールフォームはこちら

電車

JR敷戸駅より 徒歩15分 JR大分駅より タクシー20分

バス

宮崎バス停より 徒歩3分

自動車

高速道路より→光吉ICをおりて車で10分
大分中心街から→JR大分駅より10号線を走り、車で20分