患者様はこちらへ
医療関係者の方はこちらへ
臨床研修医の方はこちらへ

救命救急センター

HOME > 救命救急センター > 見学・研修

見学・研修

研修医や医学生、救命救急士、看護師の皆さんを対象に見学研修および短期研修を行なっています。
救命救急医療は1つ1つの的確な判断と、それに応じたスピーディーな処置が患者の「生命」に直結する責任の重い現場といえます。このような救命救急医療の現場を体験しておくことは医師・看護師・救急救命士として重要なことであると私たちは考えています。
このような考えのもと、当センターでの研修は、それぞれの希望をお聞きして、個人に対して学びが深まるよう、また技術が高まるようプログラムを考えています。
また、救命救急医療を志したいと思っている方だけでなく、救命救急センターを覗いてみたい向上心のある方も受け付けております。

→詳しくはコチラから
※病院見学にリンクしていますが、見学研修および短期研修もこちらからお申込みください。
→医師対象救急科後期研修プログラムについてはコチラから
→後期研修医の声
→初期研修医の声

救急救命士の声

今回の研修は先生、看護師の方々の協力のおかげで大変有意義なものとなりました。
大変ありがとうございました。研修に来る前にはメンタルを鍛える場所だと言われていたのは事実です。
ですが今回の研修は決してそんなことはなく、逆にまだまだ私から積極的に看護師の方々に声をかけて患者さんに接しさせてもらうべきだったのではないかと感じています。
私は専門学校で救急救命士の資格をとって消防に就職しました。私のような現場経験のすくない救急救命士はこれからどんどん増えていきます。
病気の症状や状態の変化というのは教科書や資料でしか見たことがないというのがほとんどであり、実際いろいろな症状の患者さんに接し、ゆっくり観察する機会はなかなかないと思います。
またそのような患者さんに普段から接し、よく観察していかなければ救急現場では迅速な判断はどんどん遅くなり病院到着までの時間も延長してしまうのではないかと考えます。
特定行為に関しても人形で訓練はしますが、実際の生体では年齢や体格により実施のしやすさというのも全く違うと思います。
これらの事からナーシングケアを通して患者さんをゆっくり観察し、肌で感じる時間も大切で、これを通して救急現場では短時間で正常とは違う状態の変化等に気付けるようにしていかなければならないと感じます。
また特定行為に関しても病院実習期間に行わせてもらえるということは生体の患者さんに実施することもでき医師、看護師の方々からの指導もしていただくこともでき、いろいろな方法や技術を勉強できると思います。
私が現場にもどってアルメイダ病院に搬送した場合に、余裕があれば静脈路確保など特定行為をするときにはさせていただければと思います。
気管切開、胸腔ドレナージなど普段見ることのできない処置が見ることができたのはとても貴重な体験になりました。
医療人としていろいろな治療や処置を知っておかなければならないと感じています。
また通常分娩は見ることはできなかったのですが、帝王切開を見学することができその後の新生児の処置を一度みることができたことはとてもよかったです。
救急現場で分娩の機会はよくあることではないので復習して現場で活かせるようにしたいと思います。
短い病院実習期間ですが処置やナーシングケアを医師、看護師の方々に指導してもらうことは知識や技術が増えること、コミュニケーションもはかれ医療機関との密な関係をつくる一歩になると思います。
救急隊の行う実習が、実習もできコミュニケーションもはかれる場所であればいいのではないかと思います。

研修後アンケート調査報告(2015年度 実施分)

当センターでは、今後の研修をよりよいものにするために研修を受けられた方に、研修後のアンケートを実施してます。
一部ですが、その内容をご報告致します。
ここではアンケートの全てを紹介できません。以下、一部を抜粋して紹介致します。

※見出しをクリックすると内容が開閉します。

当院の研修でよかった、ためになった事は何ですか?

●様々な症例、またドクターカーでの出動など、色々な経験ができ、
 自分の引き出しが増えたこと。
(救急救命士 20代男性)

●救急医療の実際を経験できたことは非常によかったです。
 症例・処置を経験することで、将来自分が救急現場で活躍するための
 知識にもなりました。
(専門学生 10代男性)

●救急隊からの引き継ぎ、処置までの流れを知ることができてよかった。
(専門学生 20代男性)

●外来で医師と静脈確保を行い、なかなか経験できない研修を行うことができました。
(大分市消防局 30代男性)

●各種の講義を行っていただいて、知識を深めることができました。
 特に臨床検査での血液検査や、臨床工学での透析のシステムを知ることができた。
(豊後大野市消防本部 30代男性)

「このようにして欲しかった」など要望はありますか?

●救急隊からの引き継ぎ、処置までの流れを知ることができてよかった。
(専門学生 20代男性)

●時間帯で症例の種類・多さも変わっていたので、当直などを増やしてもらうとありがたいです。
(専門学生 10代男性)

●当直をもう1日増やしてほしかった。
(専門学生 20代男性)

●今後も、あまり救急現場で体験できない患者の清拭などを継続させていただけたら嬉しいです。
 すごく良い経験になりました。
(大分市消防局 30代男性)

●今後も各種講義を続けて行ってほしい。
 講義内容で脳神経外科、循環器や心電図などを行ってほしい。
(豊後大野市消防本部 30代男性)

今後の研修生にあなたからのメッセージがあれば、お書きください。

●積極的に頑張ってください。
(救急救命士 20代男性)

●積極的に経験すること。
 様々な症例・処置を経験することは必ず自分のためになります。
 分からないことがあれば、先生・看護師に質問することも大切です。
 優しく答えてくれます。
(専門学生 10代男性)

●いろいろ学んでこれからに活かしてほしい。
(専門学生 20代男性)

●積極的に医師や看護師に質問するなどしたら良いと思います。
 今後の救急活動にも為になると思います。
(大分市消防局 30代男性)

●アルメイダ病院では、救急外来での患者の観察や処置(静脈確保や血糖測定など)を行えるので、今後の救急活動に役立てることができます。
(豊後大野市消防本部 30代男性)

その他

●短い間でしたがありがとうございました。
 この病院実習は今後の自分の活動において非常に大きい経験になります。
 必ず、大分に就職し、大分の救急医療に携わりたいと思います。
(専門学生 10代男性)

●今回、お忙しい中、様々な経験や見学をさせていただいてありがとうございます。
 今後も救命士を目指して、後輩たちが研修でお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。
 救急現場で今後、お会いすると思いますので、その際にはご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。
(大分市消防局 30代男性)

●救急隊として、救命士としての役立つ講義をたくさん受けたいと思いました。
(豊後大野市消防本部 30代男性)

メールフォーム
アクセスマップ